浮気されやすい女性の条件は男性に余計なストレスを与える事が要因となります。

浮気されやすい条件

男性が浮気や不倫をするのは必ずしも全て男性側だけの責任ではありません。

 

それまで浮気癖があった人でも結婚を決断できるパートナーと出会った途端にキッチリ浮気や遊びをやめる人や、それまで真面目に誠実な恋愛しかしてこなかった男性でも、特定の女性と交際する事がきっかけで浮気に走る事もあります。

 

恋人関係であれば、浮気をする前に彼女に嫌気がさしたら別れるという選択もできますが、結婚をした男性はそうもいかなくなります。

 

結果的に結婚生活を継続しながら、隠れて浮気・不倫をするといった行動に出るのです。

 

 

浮気されやすい女性とされにくい女性がいる

すぐに浮気をする男性と一切浮気をしない男性がいるように、
女性にも浮気をされやすい女性されにくい女性がいます。

 

浮気の根本的な問題を追求していくと、男性側が浮気をした場合でも、女性側に問題点や責任・原因がある事の方が圧倒的に多く、浮気をされた女性は自分自身を変えていかないと、浮気は再発されますし、離婚をして新しい恋人や旦那を見つけても再び浮気をされる可能性が高くなってしまいます。

 

浮気されやすい条件はさまざまな内容があり、簡単に紹介しきれる内容ではないですが、代表的な例を一部紹介いたします。

 

 

浮気されやすい女性の条件

すぐに泣く

都合が悪い事があった時に泣いて解決してしまう女性は結果的に男性が我慢をする事が多くなりストレスや居心地の悪さを抱えてしまいます

 

重たい

女性が男性を好きな気持ちが大きすぎたり、全面に出しすぎたりしすぎると男性からみて重たくなってしまい、本来であれば隠すべき事でない話も、気を遣い離せなくなってしまい関係の溝ができていきます。

 

男性の話を聞かない

意識している女性も少ないですが、男性が浮気をするか、しないかで重要な項目になります。

 

男性の話をよく聞いてくれる女性は浮気される可能性は非常に低い傾向があり、男性の話よりも自分の話ばかりして、相手の話を聞かない人は浮気されやすくなります。

 

文句や悪口ばかり言う

古い考えと思う人もいるかもしれないですが、妻は夫をたてる事も必要で、特に人前では多少過剰だった嘘でも良いので夫の事を持ち上げる事が大切で、人前でも日常生活の愚痴や、他の夫婦や家族と比べて劣っている所ばかり喋ってしまう女性は浮気されやすいです。

 

夜の営みが盛ん

浮気をされない為の重要なポイントは夜の営みにあります。
夫婦になるとどうしてもお互いマンネリ化してしまいますが、女性が夜の営みを楽しみ、適度の妻から誘う夜を作っていく事は浮気の予防策になります。

 

優柔不断・自己中心的

全ての決定権を男性に依存してしまったり、自己中心的な考えで自分で全て決めてしまうのは浮気されやすい条件です。
必要な事はしっかり相談して、最低限の事は妻1人でも決められる。こうした信頼関係がある夫婦は浮気は少ないです。

 

気分屋

夫側が原因で妻の機嫌が変わる事はしょうがない事ですが、夫側に原因がなくても妻が気分屋でご機嫌がコロコロ変わるのは浮気されやすい条件です。共働きで妻の仕事の都合で気分が変わる事は夫側も納得ができますが、専業主婦で毎日帰宅すると妻の機嫌が違うと家という空間の居心地が悪くなります。