浮気・不倫を理由に離婚する時は探偵を利用して決定的証拠を押さえておくことがおすすめです。

探偵を利用する

浮気をしているという確信を掴む所までは、ご自身の調査でできますが、裁判で慰謝料を請求する為の決定的証拠については探偵を利用する事がおすすめです。

 

探偵を利用するのは決して安くはありませんが、離婚後に慰謝料できる可能性が高まる事を考えれば決して高くはなく、しっかりした調査による証拠を手に入れた利用者は多少高い調査料を支払ったとしてもほとんどの方が満足する結果となります。

 

 

探偵の相場

探偵の相場は各探偵事務所やプランによって大きく変わってきますが、相場としては調査時間1時間あたり1~2万円となっています。

 

パック料金や時間ではなく日数ごとに費用がかかるプランなどもあります。
裁判で勝つ為の証拠を揃えるには継続した浮気・不倫を決定づける証拠が必要となりますので、ある程度の浮気のタイミングや場所を把握している人で総額50万円~100万円前後支払っている人が多いです。

 

 

探偵に依頼する前に確認する事

 

離婚の意思がはっきりある

探偵を利用する一番の特徴は裁判で有利になる証拠を得る為です。

 

浮気が発覚した後に話し合いで解決をした。夫に反省してもらいやり直したいという考えでは探偵に依頼するのはもったいないです。
証拠が揃い次第離婚をして裁判で慰謝料請求をするという意思をはっきりさせておく事が大切で、離婚の意思がないのであれば、ご自身で裁判では使えなくても本人に対して言い逃れできないような証拠を掴む事をおすすめします。

 

 

浮気の確信を得ている

探偵の調査料は時間で料金が発生するのが一般的です。
浮気の兆候や疑いだけがある段階で探偵に依頼すると、万が一浮気の事実がなかった時に膨大な調査料だけを負担する事になります。

 

また、本当に浮気をしているか分からない。いつ浮気をしているのか分からないというケースで探偵を利用すると調査時間が長くなり、料金が高額になってしまいます。

 

浮気・不倫をしているという確信を得て、どれくらいの周期で具体的にはいつごろ浮気・不倫をしているという予測ができる段階まで行ってから探偵に依頼すると良いでしょう。

 

 

浮気の張本人に調査を気づかれていない

浮気の事実があっても、妻が疑っている事が浮気・不倫している張本人に気づかれてしまうと、対策を取られてしまいます。
浮気調査を警戒されると、浮気の頻度を減らされたり、ビジネスホテルで2人別々に出入りするなどの対策を取られてしまうと探偵を利用しても証拠を抑えるのが難しくなってしまいます。

 

 

浮気の証拠が取れなくても離婚の意思がある

探偵に依頼する場合の費用をご自身の貯金やへそくりで賄うのであれば問題はありませんが、家のお金を利用して探偵調査をする場合は、証拠が取れなかった時に、いずれ何故お金が減っているのか?という事でトラブルになる可能性が出てきます。

 

探偵を利用して裁判で勝てる証拠がなくても、それまで得ている浮気・不倫をしているという確信や裁判では役に立たなくても2人での話し合いでは充分役立つような証拠や嘘をついている裏付けを取って最悪慰謝料なしでも離婚をする覚悟があるのか?という考えをまとめておくようにしましょう。