離婚意思が強い場合は証拠が揃うまでは我慢をして、浮気の当事者をおよがせる事も大切です。

離婚意思があるなら我慢も必要

浮気調査をする場合には事前に決めておかなければいけない考えがあります。

 

それはもしも浮気をしていた事実が発覚した時に

  • 言い分や反省の色があれば許す気があるのか。やり直せる可能性もある。
  • 浮気の事実があるのであれば、問答無用で離婚する

この考えがどちらに当てはまるかを事前にしっかり自分の中で考えをまとめて行動に移していく事が大切です。

 

 

離婚する意思が固いなら多少の我慢が必要

浮気の事実があってもやり直せる可能性があるのであれば、なるべく早期に発見したり予防対策を取る事が重要です。

 

しかし、浮気の事実があった場合は、それを理由に必ず離婚するという意思がはっきりしているのであれば、多少の我慢が必要で時には泳がせる事も大切です。

 

浮気が原因で離婚をする場合は後に慰謝料請求や子供の親権問題などを法定で争う場合には、
決定的な証拠が大切になってきます。

 

しっかりとした証拠の収集が完了するまでは、我慢も必要で、浮気を疑っている事がバレて警戒される事を避ける為にも、家庭内では明るくいつも通りに振舞う事が大切で、浮気をしそうなタイミングがあったら、気持ちよく家から送り出し、余計な束縛などをせずにおよがせる事も大切です。

 

証拠が揃ったら、本人に話をする前に弁護士に相談をして、この証拠で法定で勝負できるか?を確認しておくと良いでしょう。

 

 

決定的証拠がないと、離婚はできても浮気相手に慰謝料請求ができない

浮気を理由に離婚をする場合、自分の夫を取った浮気・不倫相手は憎いもので、慰謝料請求などをして、ギャフンと言わせてやりたいものです。

 

しかし。口論などで浮気を認めさせて離婚に発展しても、その後本人が法定などで否定を行い、決定的証拠を出せなければ、離婚理由は「婚姻を継続し難い重大な事由」として扱われてしまい、慰謝料請求もできなくなります。

 

浮気をした夫と、その夫を取った浮気・不倫相手から慰謝料請求をする為には法定で「不貞行為」を立証する為の証拠が必要となります。

 

有効な証拠とは

あくまでも証拠の内容と信ぴょう性次第で、これから紹介する証拠があれば必ず立証できるとは限りませんが、一般的に法定で有効になる小ことは

 

  • 写真・ビデオ
  • 録音データ
  • メールやメッセージアプリのデータ(要プリントアウト)
  • 探偵会社の報告書

などがあります。

 

写真は年月日・時間などが記載されているものがふさわしく、全体的には録音データだけでは証拠として立証されにくい傾向があるなどそれぞれ有効な証拠として立証するにはいくつかのポイントがあります。

 

一度限りの証拠では「不貞行為」と立証されない

離婚に関する裁判において、「不貞行為」と立証するには、一度だけの決定的証拠だけでは難しいのが現状です。

 

ラブホテルに出入りしている写真があれば、決定的な証拠となりますが、離婚事由を「不貞行為」として立証するにはこうした行為を継続的に行っている事を立証する事が必要となってきます。