お互いを信頼して良好な関係を保つためには、浮気を防止することも考えておく必要があります。

浮気の防止策

 

大切な人が自分以外の誰かと浮気していたら誰でも辛く、悲しい思いになってしまいますよね。浮気をされてしまうと相手への信頼も一気になくなってしまい、これまでの二人の関係が崩壊してしてしまう事も考えられます。
崩壊してしまった結果、別れと言う結論にならない為にも相手に浮気をされないようにする事が大事です。

 

浮気はしたほうがもちろん罪が重いのですが、浮気をされてしまったほうにも必ず原因があるものです。
では浮気を防止するにはどのようにすればよいのでしょうか?

 

相手を信用する

 

お互い信用をせずに喧嘩する夫婦

好きな相手の浮気を疑うのは、それだけ相手の事が好きだからです。特になんとも思っていない人が誰とどんな関係を持とうが、別に興味ありませんものね。

 

浮気を疑う、というのは嫉妬から出てくる気持ちです。嫉妬は行き過ぎなければ相手によい効果を持たせることが出来ますが、嫉妬をしすぎると信頼されていない、と思われてしまったり、想いが重く感じてしまい、相手に負担をかけてしまいます。

 

負担になってしまうと他の人に気持ちが移りやすくなってしまうことがあるので、あまり疑いばかりかけずに相手を信用している、というアピールをすることが大事です。

 

相手の時間を大事にしてあげる

好きな相手だからこそ、ずっと一緒にいたい、と思うものですよね。しかし、ずっと二人でい続けると束縛されている感じがしたり、息苦しくなってきてしまう事も確かです。一緒に暮らしているとなおの事、自分ひとりの時間が欲しくなるものですよね。

 

ひとりにしてしまうと他の人と浮気をしてしまうかもしれない、なんて思う方もいらっしゃるかも知れませんが、普通はパートナーがいれば相手にきちんと責任を感じているものです。
お互いにひとりになれる時間、ひとりでも楽しめることを見つけるようにするとよいかもしれません。

 

お金の管理を徹底的に行う

自分ひとりで自由に使えるお金が多ければ多いほど、人は自分の好きなことに使ってしまいます。お互いにお小遣い制にしていますか?

 

また、自由に使えるクレジットカードを持っていませんか?クレジットカードの明細は近年ではネットで確認する事が出来て明細が郵送されてこないものが多いですが、あえて明細を郵送してもらうようにしましょう。
カードで無駄遣いをしていないかどうかをしっかりチェックしておく事が大事です。

 

自分を磨く

ここまでは相手に対しての対策でしたが、一番大事なのは相手のパートナーであるあなたを大事にする事です。
身だしなみを怠っていませんか?相手はいつまでもパートナーが素敵でいてくれることを望んでいます。

 

素敵でいられれば魅力がなくならないわけですから、浮気をしよう、とする気分すら起こらなくなるものです。