どのような場合慰謝料請求ができるのでしょうか

慰謝料請求できる場合

慰謝料とは必ずもらえるというわけではありません
不定のある場合、責任がある方が慰謝料を支払います。

 

 

不貞の場合

 

もし不貞が理由の場合、愛人にも慰謝料請求が出来ます。
この場合は「夫と愛人が妻に対して不法行為をした」ということになるからです。
調停や裁判で慰謝料の金額が200万円に決まったとすると、妻は夫と愛人の両方に慰謝料を請求する権利があります。

 

ただし夫が200万円支払えば愛人はそれ以上払う必要はありません。
なので最初から
「離婚訴訟」と「愛人への慰謝料請求」を並行して行ってもOKなんです。
しかしもし愛人が「夫が既婚者」とは知らず、かつ知らな方ことについて過失もなく不貞に及んだ場合は認められないのです。
夫婦関係破綻後の不貞も慰謝料請求が難しいです。

 

不貞されると感情的になりやすいのですが、怒りに任せて離婚すると言わないこと。
この場合不貞している側である夫からの離婚はなかなか認められません。
しかし、不貞された側である妻が離婚を求めるとすんなり認められてしまいます。

 

条件を上げることができずもったいないのです。
内心は別れたいと思っていても表面上はやり直したがっているように見せる、これが賢いやり方です。
夫に攻撃的な態度を取ると婚姻関係がうまくいっていないというイメージを抱かれてしまうので慰謝料は低くなります。
不満は愛人にあるというスタンスを取りましょう。
専業主婦やパートの方などの収入の少ない方は、将来のためにも心を鬼にしてやるべきです。

 

 

 

DVの場合

 

不貞の他に慰謝料を請求できるのはDVです。
暴力を振るわれて特に異常がない場合でも病院に行って診断書をもらっておきましょう。
言葉の暴力の場合立証は難しいですが、録音しておくことをおすすめします。
夫婦間の場合、録音は法律的に問題ありません。