怪しまれるリスクも少ない、お手軽な浮気調査の方法を紹介しています。

浮気調査の手法

浮気調査にはさまざまな手法があります。

 

調査対象の旦那の状況や浮気の内容によって有効な手法は変わってきますので、相手に合った方法で浮気調査を行っていきましょう。

 

 

 

携帯電話のチェック

一番スタンドートな手法ですが、実際に携帯電話を見る事ができれば非常に有効な浮気調査の手法となります。

 

メールやLINEなどのメッセージアプリの内容から浮気が発覚する事は非常に多いです。

 

携帯電話を見るときのポイントとしては着信履歴やメッセージ履歴で頻繁に連絡をしている相手が誰なのかも確認しておくと良いでしょう。
浮気相手は電話帳で仕事関係の人を装った名前で登録している事も多いです。

 

 

GPS機能を活用する

スマホの普及でGPS機能を利用した追跡アプリを使う事がとても身近になりました。
スマホの紛失予防などを名目にGPSアプリを夫婦などで連動できれば浮気予防に非常に有効です。
しかしあくまでも浮気予防で、既に浮気が始まっている場合は理由を付けて拒否される可能性が高いです。

 

 

財布のチェック

浮気をする時はお金を多く使う可能性が高いです。
浮気の疑いがある日の前に財布の中身のチェックと可能であれば1万円札などお札の番号を控えておくと良いでしょう。
外出前にお札の番号チェックまでできていれば、帰宅時に、千円札を10枚用意しておいて、1万円札に両替したいと言えば簡単にお金の使い方をチェックする事ができます。

 

外出前に1万円札が入っていたのに帰ってきた時にお金がなければ、浮気でお金を使った可能性が高いですし、外出前に財布に入っていた1万円札と番号が違えば、外出先でお金をおろした可能性が高くなります。

 

 

カーナビをチェック

車で外出していた場合はカーナビの目的地検索履歴をチェックしましょう。
他にも走行した道を履歴で残す軌跡機能もありますが、よほど車や土地勘に詳しい人でなければ、走行軌跡だけで浮気を判断するのは難しいです。

 

 

Suicaやパスモの履歴確認

電車の改札を通る時に最近では切符ではなくてSuicaやパスモ・イコカなどの電子マネーを使うのが一般的になってきました。
電車ででかけた帰りあとには、電車に乗りたいから通勤用の定期を一時的に貸してほしいと頼み改札の履歴確認画面でどこの駅を利用していたか調べるのが有効です。
Suicaでは履歴が直近20件までしか確認できませんので、浮気で疑わしい日からすぐに履歴チェックする必要があります。

 

 

尾行

夫婦関係になると多少変装してもバレるリスクも大きく、慣れないと途中で見失ってしまうリスクもあります。

 

尾行がバレた事で警戒をされて決定的証拠を掴む事が困難になったり、夫婦ケンカの原因となる事もあるので、どうしても尾行を行いたい場合は入念に準備をしてから行う事が大切で、その場の思いつきで尾行を実行に移す事はおすすめできません。